眼科に行くとほとんどの人が受ける検査に眼圧測定があります。眼球はその名前のとおりボールの形をしていて、眼圧というのはそのボールの硬さを意味します。眼圧が高いということは眼球が硬いということで、眼球が硬くなると後ろについている視神経を痛めてしまいます。
視神経が痛むと視野が欠けて、見える範囲が狭くなり、取り返しがつきません。

眼圧測定にはいくつかの方法があり、一番よくされているのが空気を目にあてて眼球の硬さを調べる方法です。緊張して力がはいると測定値は高くなるので、眼科が初めての方は高くなることが多いです。それ以外にも直接目にチップをあてて測ったりする方法などがあり、患者様に応じて使い分けしています。
眼圧が高くなる病気は緑内障がよく知られていますが、虹彩炎などの炎症でも高くなります。またステロイド点眼の副作用でも眼圧があがることがあります。結膜炎や花粉症で目の症状がきつい人や、白内障などの目の手術後にはステロイド点眼を処方するので、その場合は必ず眼圧をチェックします。
眼圧があがっていたら、点眼薬、飲み薬、点滴などでとにかく眼圧を下げて、視神経を守ります。眼科での眼圧検査はとても大切なのです。