初めて眼科に来られた患者様の多くが「私、白内障や緑内障、ありませんか?」と聞かれます。でも意外と白内障と緑内障の違いを知らない方が多いのです。

 白内障は目の中の水晶体というレンズが濁る病気で、50歳くらいから出始めて年齢が上がると全員に出ます。シワや白髪みたいなもので、ある程度の年齢になって白内障が出ない人はオバケです。緑内障は目の奥の神経が傷む病気で40歳で20人に1人、70歳で10人に1人の頻度で出ます。血のつながりのある人に緑内障の方がいれば、もっと高頻度でみつかります。

 白内障は軽度でもぼやけて視力が落ちてくるため、結構早めに皆さん眼科へ来られます。目薬で進行を抑えますが、手術をすればまたよく見えるようになります。緑内障はかなり進行しないと視力が落ちないため、自分でおかしいと感じて眼科へ来られた場合はかなり進んでいます。目薬で進行を抑えるのは白内障と同じですが、よくなる方法はありません。白内障と同じように考えられて「思いきって手術して治します」と言われる方もいますが、緑内障を治す手術はありません。現状維持ができれば100点満点ということになります。治る白内障、治らない緑内障。白と緑は大違いなのです。