コンタクトをネットやドラッグストアや家電量販店で買う人が増えています。「検査不要、処方箋不要」とのぼりを立ててコンタクトを売る安売りショップまで出現。さすがの厚労省もやっと局長命令を出し「コンタクトは必ず眼科の検査、診察が必要」と量販店やコンタクトメーカーに通達しました。しかし罰則規定はなく、まだまだ野放しの状態です。

 コンタクトは、メーカーや素材やレンズのカーブによってつけ心地と見え方が変化します。だから実際につけてみてレンズの動きや視力を測らないと、どのコンタクトのどの度数が自分にあってるかわかりません。同じメーカーでもブランドが違うと度数が違うことも。もちろんメガネの度数とコンタクトの度数は違います。それも知らずにネットでメガネと同じ度数のコンタクトを購入し、見えにくいから違う度数にかえ…「最近視力が落ちたし、目もコロコロします」と困って受診される方がいます。素材や形があっていなくて度数もめちゃくちゃになっていたりします。その場合コンタクトがあっていないことはお伝えできますが、どのコンタクトがあうのかはテストレンズを入れないとわからないのでお伝えできません。テストレンズはコンタクト購入代金に含まれるので、購入されるところでいくつもお試しして選んでくださいね。