結膜炎にも色々ありますが、アデノウィルスによる流行性角結膜炎が俗称はやり目と呼ばれるもので、めちゃくちゃ厄介です。何故厄介かというと感染力が強いので、人から人へうつりやすいからです。空気感染はしませんが、目を触った手を介して人から人へうつっていきます。うつりやすくてもすぐに治れば問題ないのですが、治るのに平均2週間かかります。ウィルスなので特効薬がないため、体調が良くないともっとかかる場合もあります。細菌性の結膜炎が抗生物質で1週間もあれば良くなるのと訳が違います。

 人にうつりやすく治るのに時間がかかるだけではまだそんなに厄介に感じないかもしれませんが、実はこの結膜炎は学校保健法の第3種学校感染症に指定されています。インフルエンザと同じ扱いで、良くなるまで学校、幼稚園、保育園には行けません。大人でも医療関係、学校関係は出勤できません。人相手のご職業の方も休んでもらった方がいいです。2週間のお休みはきついですが、無理して行っても目が真っ赤なのですぐわかります。周りでどんどん流行っていくと責任問題にもなります。はやり目の診断はウィルス抗原測定で行います。

 予防は手で目を触らないこと。手には色んなものが付いています。やはり「手洗い、うがい」は病気予防の基本です。