緑内障とは、視神経に障害がおこり視野(見える範囲)が少しずつ欠けていく病気です。進行はゆっくりで、自覚症状はかなり進んでからしか出ません。一度失った視野は回復できないため、治療が遅れると失明に至ることもあります。緑内障がみつかると、視野検査の結果を患者さんにお見せして見えていない場所を説明します。OCTという検査で神経の薄さも観察できるので、その結果も説明して、緑内障点眼薬による治療開始となります。  緑内障がなぜ日本人の失明原因のトップなのか。それは末期になるまで自覚症状に乏しい病気のため、途中で治療を中断する人が多いからだと言われています。ある報告によると、自分の判断による緑内障治療の中断率は約20%。40代男性では4人に1人が中断しているとのことです。中断理由は「症状が無く困っていない」「通院が面倒」だから。中断している間に視野欠損は少しずつ進行し、再び眼科に来る頃には緑内障は末期になっています。身近な血縁者や友人に緑内障の人がいると、緑内障に対する知識が多いためか治療を中断することは少ないです。  視野変化のまだ出ていない超早期のうちから治療開始する考えもあるのに、治療中断して見えなくなるのは残念です。 嵐活動中断も…かなり残念ですが。